今年から始められる夏でも着物を着こなす重要ポイント解説!

着物を着ている方を見ていると、どんなイメージがありますか?古風である、品がある…こうしたプラスイメージが強いのも着物を着る利点の一つではありますが、なかなか着付けが大変であり、同時にちょっとしたマイナスイメージが浮かぶ事もあるかもしれません。

着物=暑い…こんなイメージが強くないですか?夏場においてはTシャツのような軽装に比較すると、着物というのは分厚い布で全身を覆っており、さらには帯などもあってかなり暑そうに見えるのも無理は無いのかもしれませんね。

例えば十二単など、昔の着物は重ね着が多く暑い物も無いわけではありません。今も着用されている着物でも複数枚の布を重ねて作られた着物がある為に、着る季節や素材を間違えてしまった場合、非常に暑く苦しい事もあり得るでしょう。

しかし、よくよく考えてみましょう。着物というのは日本の伝統的な民族衣装です。日本には昔から四季が存在しており、四季があるという事は季節によって着る物も変えていたという事です。着物が普段着としても使われていたというわけです。

それなのに着物が全部暑いとなると、昔の人は夏場は非常に不快に過ごしていた事になってしまいますね。現代においては空調もあるので厚着しても大丈夫かもしれませんが、昔はそんな事は言ってられませんよね。

つまり、着物には夏向きの物だってありますし、ちょっとのコツで夏場でも着物だけで快適に過ごす事が可能となってきます。四季と着物を愛した日本人としては、夏場も着物で快適に過ごす術を知っておいて損はしないでしょう。

とはいえ、コツというほど難しく考える必要は、実は無いのかもしれません。着物を購入するなら近くの呉服屋を使う事が多いと思いますが、そこに向かって「夏物をお願いします」と言えば問題ありません。着物のプロは、きちんと素材や構成で着物を選んでくれます。

また、もしも近くに呉服屋が無くてネットにて探すというのなら、薄物という名称で探してみると良いでしょう。この薄物というのは特に暑い夏に着る着物であり、透けるほど薄い生地に加えて縫い目が粗くなっており、通気性は抜群です。見た目にも涼しい夏の風物詩となるでしょう。

さらに簡単に夏向きの着物を着こなしないというのなら、いっその事浴衣を採用してみると良いでしょう。浴衣というのは夏祭りなどの特別な機会でしか着ないと思われがちですが、浴衣も古くからは夏場の普段着として利用されていたのです。

そういった事情もあり、浴衣は原則として夏場向きの素材で構成されています。さらに着物としては普段着向きの着やすい作りですので、浴衣をメインにまずは着物に慣れ親しむのも良いでしょう。

着物というのは想像以上にバリエーションが多く、夏向きなら洋服以上に風通しが良いとも言われています。夏でも涼しげに着物を着こなす、より風流なひとときを演出してみましょう。