まだまだ現役!着物を着る機会が多い日本の文化

着物というのは日本独自の民族衣装であり、日本における正装とも言えましょう。格式高い家柄などにおきましては、着物が日常的な衣服として常日頃から着用されている事も珍しくないですね。その歴史はとても長いのです。

しかし、着物というのは着付けを行って形良く着る事が、見栄えでも礼節としても大事になります。だから着付けを覚える為には詳しい親族に教えてもらったり、着付け教室に言ったりとなかなか着たり脱いだりも大変と言えるでしょう。

それがネックとなってしまい、今では多くの日本人が洋服を着ていますね。洋服はカジュアルな普段着なら全く勉強せずとも着られますし、フォーマルな衣装であっても、着物ほど敷居が高いとは言えません。着物が少数派になったのはこうした事情もあるでしょう。

だから、着物について着付けなど全く分からない、という方が増えていますね。しかもそれでなんとかなってしまいそうな世の中だから、古き良き日本の文化の消滅が危惧されています。でも洋服の方が便利で困らないし…と思ってしまうかもしれません。

やっぱり、着物について知らなくても問題ない?と断言してしまいそうですが、そうとも言い切れません。というのも、着物は日本の文化であり、それゆえに着物を着る機会というのは無くなっているわけではありません。むしろ、一生の大事な場合において活躍するのです。

まず、振り袖という着物について考えていきましょう。振り袖というのは未婚の女性の正装とされています。振り袖というカテゴリであっても非常に多種多様となっていますが、全体的に華やかな柄が目立つと言えましょう。

それゆえ、晴れの舞台…特に近年では成人式で着ている事がポピュラーですね。振り袖は正装な為多少お値段が張る事もありますが、今はレンタルなどもありますので、良く着られて良く目立ち、尚且つ手軽にもなっている出番が多い着物と言えるでしょう。

さて、次は喪服についてですね。喪服というのは、当然ながら葬儀で着られる事が多い着物です。葬式に参列した際によく見てみると分かりますが、若い女性であっても喪服は着物を着ている人がとても多いです。高齢な方なら尚更ですね。

喪服はほぼ黒一色で襦袢が白の場合が多く、その名の通り葬儀しか出番が無いように思えます。しかし、葬儀というのは年を重ねるほど参列の機会が増え、さらには最後のお見送りという事もあり、きちんとした喪服を着付ける必要性がより強いというわけですね。

そして、最後に浴衣ですね。浴衣というのはお風呂上がりや旅館で寝る時に着る借り物的なイメージが強いですが、着物の中では非常に安価な部類に入りますので、割と親しみが強い着物です。もちろん、これも日本の文化が生み出した衣服です。

浴衣は普段着としても着られる着物でありながら、夏祭りなどで着ていると非常に風流で通気性も良く、さらには着付けも楽と総じて着られる時間が長いと言えます。一着でもあると、着物の入門として常用してみるのも悪くないでしょう。

このように、着物はまだまだ日本に強く根付いており、同時に親しみが湧きやすい衣装と言えます。着物が遠い存在とは考えずに、着たいと思ったら是非着付けてみてくださいね。