今年から始められる夏でも着物を着こなす重要ポイント解説!

着物を着ている方を見ていると、どんなイメージがありますか?古風である、品がある…こうしたプラスイメージが強いのも着物を着る利点の一つではありますが、なかなか着付けが大変であり、同時にちょっとしたマイナスイメージが浮かぶ事もあるかもしれません。

着物=暑い…こんなイメージが強くないですか?夏場においてはTシャツのような軽装に比較すると、着物というのは分厚い布で全身を覆っており、さらには帯などもあってかなり暑そうに見えるのも無理は無いのかもしれませんね。

例えば十二単など、昔の着物は重ね着が多く暑い物も無いわけではありません。今も着用されている着物でも複数枚の布を重ねて作られた着物がある為に、着る季節や素材を間違えてしまった場合、非常に暑く苦しい事もあり得るでしょう。

しかし、よくよく考えてみましょう。着物というのは日本の伝統的な民族衣装です。日本には昔から四季が存在しており、四季があるという事は季節によって着る物も変えていたという事です。着物が普段着としても使われていたというわけです。

それなのに着物が全部暑いとなると、昔の人は夏場は非常に不快に過ごしていた事になってしまいますね。現代においては空調もあるので厚着しても大丈夫かもしれませんが、昔はそんな事は言ってられませんよね。

つまり、着物には夏向きの物だってありますし、ちょっとのコツで夏場でも着物だけで快適に過ごす事が可能となってきます。四季と着物を愛した日本人としては、夏場も着物で快適に過ごす術を知っておいて損はしないでしょう。

とはいえ、コツというほど難しく考える必要は、実は無いのかもしれません。着物を購入するなら近くの呉服屋を使う事が多いと思いますが、そこに向かって「夏物をお願いします」と言えば問題ありません。着物のプロは、きちんと素材や構成で着物を選んでくれます。

また、もしも近くに呉服屋が無くてネットにて探すというのなら、薄物という名称で探してみると良いでしょう。この薄物というのは特に暑い夏に着る着物であり、透けるほど薄い生地に加えて縫い目が粗くなっており、通気性は抜群です。見た目にも涼しい夏の風物詩となるでしょう。

さらに簡単に夏向きの着物を着こなしないというのなら、いっその事浴衣を採用してみると良いでしょう。浴衣というのは夏祭りなどの特別な機会でしか着ないと思われがちですが、浴衣も古くからは夏場の普段着として利用されていたのです。

そういった事情もあり、浴衣は原則として夏場向きの素材で構成されています。さらに着物としては普段着向きの着やすい作りですので、浴衣をメインにまずは着物に慣れ親しむのも良いでしょう。

着物というのは想像以上にバリエーションが多く、夏向きなら洋服以上に風通しが良いとも言われています。夏でも涼しげに着物を着こなす、より風流なひとときを演出してみましょう。

Read More

アンティーク着物って何?その人気の秘密を完全解説!

今、日本の若者の間ではレトロブームが到来していると言われています。日本では比較的古き良き光景や文化が残っているとされていますが、そうした文化に疎いのが若者と思われていただけあって、観光地などは非常に良い傾向としていますね。

もちろんご年配の方にもこのレトロブームは到来しており、古き良きを活用したサービスに注目が集まっています。古い町並みもこうして見るとブームに沿った存在になり、衣服に関しても普段着の洋服ではない、日本ならではの衣服に注目が集まっています。

そうなると、やはり日本の民族衣装と言えば着物ですね。どちらかと言えば海外の人たちが物珍しさで購入したりレンタルしたりと言ったイメージがありましたが、最近は本来着るべき日本人にもにわかに人気が出ています。着物業界にもこのブームは嬉しいわけですね。

着物の人気が出るとやはりまずは比較的廉価な商品が人気となりますが、アンティーク着物にもかなりの関心が寄せられているのです。このアンティーク着物についてはご存知ですか?人気がある物となると、やはり誰もが気にするでしょう。

アンティーク着物というのは、非常に簡潔に述べるとしたら『古くからある着物』という事です。これはアンティークを冠するだけあってすぐに分かるかもしれませんが、この古いという部分にも様々な意味合いがあると言えますね。

単純に古い衣服となると古着…つまりはリサイクル着物と同列に考えられやすいです。でも、アンティークは簡単に古着屋で購入するという気軽さで買うのでは無く、どちらかと言えば、その格式を理解した人が買うべき着物と言えるでしょう。

アンティーク着物には、歴史的な価値があって初めて認められるのです。古くから…とは言いましたが、アンティークの場合は数年前という単位では無く、主に昭和初期以前…つまりは100年も前の物だってあります。歴史的価値というのは伊達ではありません。

しかし、古くてもボロボロというわけではなく、比較的状態が良かった物がこのアンティーク着物となるわけです。歴史があるだけではなく、保管状態が良かった物となれば、その絶対数の少なさも価格に反映するのは仕方の無い事でしょう。

現代では着物の素材も改良が進み、化繊でありながら高級感を演出された物もあります。しかし、アンティーク着物の場合は古くから現代まで伝わる伝統的な製法、素材によって作られており、単純な古さだけではなく、高品質でもあるのです。

よって、アンティーク着物の値段は100万を超えている事も珍しくはありません。探すにしても信頼できる呉服屋がきちんと管理しているかどうかを確かめないといけませんし、入手も楽とは言えません。その分、手に入れて着た時の感動は圧倒的でしょう。

着物に興味があるならアンティーク着物は気になると思いますが、最初から購入するには敷居が相当高いです。ですので、アンティーク着物の前には手に入りやすい着物を着て、着物自体に対する理解を深めてからでも遅くはないでしょう。

Read More

まだまだ現役!着物を着る機会が多い日本の文化

着物というのは日本独自の民族衣装であり、日本における正装とも言えましょう。格式高い家柄などにおきましては、着物が日常的な衣服として常日頃から着用されている事も珍しくないですね。その歴史はとても長いのです。

しかし、着物というのは着付けを行って形良く着る事が、見栄えでも礼節としても大事になります。だから着付けを覚える為には詳しい親族に教えてもらったり、着付け教室に言ったりとなかなか着たり脱いだりも大変と言えるでしょう。

それがネックとなってしまい、今では多くの日本人が洋服を着ていますね。洋服はカジュアルな普段着なら全く勉強せずとも着られますし、フォーマルな衣装であっても、着物ほど敷居が高いとは言えません。着物が少数派になったのはこうした事情もあるでしょう。

だから、着物について着付けなど全く分からない、という方が増えていますね。しかもそれでなんとかなってしまいそうな世の中だから、古き良き日本の文化の消滅が危惧されています。でも洋服の方が便利で困らないし…と思ってしまうかもしれません。

やっぱり、着物について知らなくても問題ない?と断言してしまいそうですが、そうとも言い切れません。というのも、着物は日本の文化であり、それゆえに着物を着る機会というのは無くなっているわけではありません。むしろ、一生の大事な場合において活躍するのです。

まず、振り袖という着物について考えていきましょう。振り袖というのは未婚の女性の正装とされています。振り袖というカテゴリであっても非常に多種多様となっていますが、全体的に華やかな柄が目立つと言えましょう。

それゆえ、晴れの舞台…特に近年では成人式で着ている事がポピュラーですね。振り袖は正装な為多少お値段が張る事もありますが、今はレンタルなどもありますので、良く着られて良く目立ち、尚且つ手軽にもなっている出番が多い着物と言えるでしょう。

さて、次は喪服についてですね。喪服というのは、当然ながら葬儀で着られる事が多い着物です。葬式に参列した際によく見てみると分かりますが、若い女性であっても喪服は着物を着ている人がとても多いです。高齢な方なら尚更ですね。

喪服はほぼ黒一色で襦袢が白の場合が多く、その名の通り葬儀しか出番が無いように思えます。しかし、葬儀というのは年を重ねるほど参列の機会が増え、さらには最後のお見送りという事もあり、きちんとした喪服を着付ける必要性がより強いというわけですね。

そして、最後に浴衣ですね。浴衣というのはお風呂上がりや旅館で寝る時に着る借り物的なイメージが強いですが、着物の中では非常に安価な部類に入りますので、割と親しみが強い着物です。もちろん、これも日本の文化が生み出した衣服です。

浴衣は普段着としても着られる着物でありながら、夏祭りなどで着ていると非常に風流で通気性も良く、さらには着付けも楽と総じて着られる時間が長いと言えます。一着でもあると、着物の入門として常用してみるのも悪くないでしょう。

このように、着物はまだまだ日本に強く根付いており、同時に親しみが湧きやすい衣装と言えます。着物が遠い存在とは考えずに、着たいと思ったら是非着付けてみてくださいね。

Read More

着物って高い?実は値段には大きな差がある事をチェック!

皆さんは着物についてどれだけご存知ですか?洋服がすっかり定着していますが、やはり日本の民族衣装とも呼ばれる衣服ですので、基本的に一切知らない、という人はほぼいらっしゃらないでしょう。ただし、詳しい人も随分少なくなってきたのが現状です。

そして特徴として、春らしい着物には緑がよく映えるという特徴があります。記念の写真撮影をする際には、天然芝や、それが難しいのであれば人工芝を用意することができれば、素敵な記念写真が撮れること間違いなしでしょう。人工芝のことなら芝人ですので、まだ試されたことのない方は、一度試してみてくださいね。

ゆえに着物に対して間違った認識を抱いたまま…というのも珍しくありません。好きな人からするとかなり奥深いのが着物である分、何も知らないと何も違いが分からない、というのが現実だと思います。特に、値段に関しては非常に当てはまるでしょう。

着物というのは、安くて身近という印象をお持ちの方がとても少ないでしょう。現に、着物は千円以下でも簡単に変える洋服に比較してしまうと、高いという印象はあながち間違いでは無いでしょう。職人の方が作られた着物なら尚更ですね。

「着物って何だか難しそうだし、何より高いなら着る意味ないかも…」というのが少し前の多くの若者の意見だったかもしれません。しかし、最近は日本国内から外国まで、日本の良いところを探すブームが起きていると言えるでしょう。着物も国内外で評価が高まっています。

それに成人式や夏祭りにおいては購入希望者が非常に増えており、それこそ「高いけど人気だし着物が欲しい…」と値段と物欲の狭間で悩まれている方が多いです。でも、着物が全て高いとなると、諦める人の方が多いかもしれませんね。

ですが、この考えがそもそもの間違いです。まず最初に知ってもらいたいのですが『着物は全てが高いというわけではなく、お手頃に変える物もある』という事です。着物の値段のみがネックに感じていた方からすれば、これもちょっとした驚きかもしれませんね。

さて、比較的現代の日本でも親しみが強い浴衣について見てみましょう。浴衣というのは夏祭りなどに着られる簡易的な着物とも呼べる物で、こちらは1万以下からでも十分に探せます。浴衣は着物の中でも基礎とも呼ばれる簡単さとお手軽さを備えているわけですね。

また、法要などでも着用できる着物でも手が出ないほど高い、というわけではありません。シンプルでフォーマルな場にでも着られる十分立派な着物であっても、3万程度から十分見つかるでしょう。小物などをセットすると多少増えますが、誤差の範囲です。

着物って最低でも10万とか必要になりそう…そう悩んでいた人からすれば、これは十分な驚き価格と言えるでしょう。ただ、着物が高いというのは間違いでもないと書いたように、もちろん高価格な商品もあります。

10万単位の物もあれば、100万を超える商品とて現実に存在します。古い歴史があって状態が良い物であれば、それ以上なんて事もあるのです。こうした着物が目立つ都合上、着物全てが高いというイメージになったのかもしれませんね。

予算と用途に併せて選べば、着物にかかるお金は大きく増減します。まずは無難に始めたいという人は、お手軽価格から購入を検討されてはいかがでしょうか?

Read More